アロマテラピーでできること

aromatherapy

香りと脳の関係をご紹介します。

今までに次のような経験はありませんか?

-夜の帰り道、通りすがりのお家から美味しそうなにおいがする。”今日はこのお家はカレーかな?”

-“ん?この食べ物変なにおいが。。。”「もしかしてこれ腐ってない?」

-通りすがりの人の香水で別れた彼を思い出す。

香りによって思い出される出来事があります。香りの刺激で記憶、知識、経験を呼び起こし、快・不快を判断しています。

嗅覚で感じ取ったにおいは本能・感情の中枢である大脳辺縁系に直接伝わります。また、大脳辺縁系は自律神経系、ホルモン系、体液調節の中枢である視床下部と密接に関わっています。例えば、危うく車に轢かれそうになった時、大脳辺縁系に生じた恐怖が視床下部に伝わり、自律神経に命令して、交感神経を興奮させます。すると、心臓がドキドキして、顔が青ざめたりします。逆に、飛び上がるくらい嬉しい時は顔が赤くなったりしますね。

ちなみに記憶を司る海馬は大脳辺縁系の一部なので香りと記憶がリンクしやすいのです。

このような脳の仕組みを意図的に利用しようとするのがアロマテラピーの目的の一つです。アロマテラピーにおいて香りを楽しむことは心地よい感情を引き起こします。その情報が大脳辺縁系、視床下部に伝わって視床下部の機能(自律神経系、ホルモン系、体液調整)は整い恒常性の維持(ホメオスタシス)に役立ちます。

また、精油成分は分子構造が非常に小さく親油性であるため皮膚に浸透します。精油成分によっては浸透した皮膚内で保湿成分を補ったり、ひきしめの働きをします。

アロマテラピーという言葉も身近になり、セルフケアでも取り入れる方が増えています。その中でサロンでできることは正しい知識を持ったセラピストが安全な使い方をお伝えしていくこと、そしてタッチングケアとしてのトリートメントを通して直にお客様の心とからだをほぐすことだと私は思っています。

アロマテラピーの基本となるのが精油(エッセンシャルオイル)です。雑貨店などで手軽に手に入りますが、ピュアでナチュラルなものを選ぶことが何より大切です。合成の香りでは逆効果になることがありますので信頼できるメーカーのものを選んでください。

また、日本の法律では精油の成分によって主に雑貨や化粧品扱いとなりますので内服は厳禁です。ヨーロッパでは薬剤師が処方し内服する方法も主流で、日本にもメディカルアロマという分野で食品添加物扱いの精油を用いる方法もありますが当サロンでは取り扱いはしておりません。食品レベルの精油はかなり高価ですが、当サロンでは安全かつ生活に取り入れやすいアロマテラピーを目的としております。

また、HSP(Highly Sensitive Person、とても繊細な人)は香りに対しても敏感で合成的な香りが苦手な方が多く、充電の時間を最も必要とする方々にアロマテラピーをお勧めしたいです。

0 comments on “アロマテラピーでできることAdd yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です